HOME>オススメ情報>天然の歯と見た目や噛み心地が変わらないのが魅力

噛む力を取り戻せる治療

女性

日本人は加齢によって健康な歯を失う人が多いと言われており、80歳ともなると歯の本数は約9本にまで減ってしまうというデータもあるようです。歯周病や加齢などで自分の歯を失ってしまった場合、食べるという機能を取り戻すために義歯を作るというのが一般的です。義歯には様々な種類がありますが素材によって、健康保険が適用される入れ歯やブリッジを選択する患者さんも少なくありません。健康保険内で作れる義歯であれば、金銭的な負担が軽くなるので利用しやすいというメリットがある一方、「咀嚼機能が低下しやすい」というデメリットもあります。天然の歯と比べるとブリッジの噛む力は約6割、入れ歯だと約1割から3割にまで落ちてしまうと言われているのです。このような義歯の悩みやストレスを解消できるのが、あごの骨に人工歯根を埋め込むことで咀嚼機能を取り戻すインプラント治療です。インプラント治療を行うことで噛む力は天然の歯とほとんど変わらない程度に戻りますし、見た目の若々しさもキープできます。

入れ歯・ブリッジとの違い

女性

自分の歯を失ってしまった場合、入れ歯・ブリッジ・インプラントこの3つの方法から、義歯を作り咀嚼機能を取り戻すのが現在の主流となっています。入れ歯は歯茎の上に義歯を装着するタイプ、ブリッジは健康な歯を削り橋をかけるようにして、義歯を装着するタイプです。入れ歯やブリッジは歯茎の上に義歯を装着しますが、インプラントの場合はあごの骨の中自体に金属製の人工歯根を埋入して、第二の永久歯を作ります。しっかりとあごの骨の中に人工歯根が埋め込まれているので、入れ歯やブリッジのようにぐらつくということもありません。食事や会話なども違和感がなく、歯みがきなどのお手入れも健康な歯と同じ感覚で行えるので、最近は入れ歯やブリッジではなくインプラントを選択する人も増えています。

広告募集中